ノルマ

キャバクラでは、指名される数が多ければ多いほど高収入を得ることが出来ます。そのためには人気を獲得することが重要であり、アフターの同伴などが非常に大切です。しかし、これは強制ではないため、自分が嫌だと感じた場合などには断ることが可能です。
しかし、クラブの場合は基本的に同伴に応じることが絶対となっています。また、売上などにノルマが課せられているというところも多いと言われています。
つまり、キャバクラに比べると厳しい職種であるということが言えます。

どちらで働いても自分のプラスになることは間違いないため、よく考えた上で自分に合った求人を選択するようにしましょう。

違い

提供するサービス内容が似ているという点から、クラブとキャバクラは同じ仕事であると考える人も多いかと思います。そのため、どちらのほうが条件が良いのかで求人を選ぶという人もいます。
そこで、クラブとキャバクラの違う点について説明していきたいと思います。

■働く女性の年齢層
■採用の際に何を重視するか
■時給か日給かの違い
■一人のお客さんに何人つくか
■時間制限があるかどうか

まずあげられるものとしては以上のようなものがあります。クラブで働く女性が20~35歳なのに対し、キャバクラで働く女性は18~25歳と割と若いと言えます。そして、クラブはコミュニケーション能力、キャバクラやルックスを重視して採用を決めると言われています。
さらにクラブは日給制となっている店舗が多く、反対にキャバクラは時給制です。さらに指名の多さなどによって異なります。
そして、接客スタイルも異なってきます。キャバクラはマンツーマン式となっており、一人のお客さんに対して一人のキャバ嬢がつくことになります。しかし、クラブはそうではなく、一人のお客さんに対して二人以上のホステスで対応することが多いのです。

他にも様々な違いがあるため、それぞれの内容をしっかりとチェックした上で求人に応募する必要があります。
より長く続けていくためには、自分に適した場所で働くということが大切なのです。

求めるもの

クラブやキャバクラのような職種とは、一部の女性から憧れの職種であると言われています。何故なら、性的サービスを提供することなく高収入を得ることが出来るからです。また、常に綺麗な衣装などに囲まれていられるという点も魅力の一つです。
そんなクラブやキャバクラの求人に応募するためには、どういった能力などが必要となってくるのでしょうか。ホステスやキャバ嬢に求められるものとしては以下のものがあげられます。

■高いコミュニケーション能力(お客さんが求める会話が出来るか)
■空気を読んで行動・発言出来るか
■教養を持っている上で、その場を盛り上げるためにノルことが出来る
■話題のジャンルが豊富
■女性らしく、美しい立ち振舞が出来る

などがあります。もちろん、実際にホステスやキャバ嬢として働いている女性がすべて以上の条件を満たしているかと問われれば、答えはそうではありません。
しかし、店舗でも人気を獲得しているような人とは、ほとんどが以上のような高いレベルの女性であると言えます。高収入を得たいのであれば、競争率の高いこの業界で勝ち抜くための努力が必要となるのです。
特に高級店などで働くのであれば尚更で、得られる収入が増える代わりに求められるレベルも高くなります。

アーカイブ

Bookmarks